%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-04-12-22-50

日本共産党高知県委員会は、衆議院議員選挙の高知2区に党公認候補として島崎保臣(※崎の大が立、やすおみ、33歳)を擁立することを発表しました。

高知2区は、いま、臨時国会で焦眉の問題となっているTPP批准を巡ってその先頭に立っている山本有二・農林水産大臣が当選してきた選挙区です。TPPの批准・発効を許さない立場から、島崎氏を擁立して、必勝を目指してたたかいます。また、戦争法=安保法制の廃止も求めていきます。

先の参議院選挙に引き続き、総選挙においても野党共闘を実現させ、勝利をめざして誠実に努力してまいります。

みなさんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

島崎保臣氏の略歴 

1982年12月17日生まれ。高知市出身。高知県立高知南高校、高知大学人文学部人間文化学科を卒業。2005年4月から高知法律事務所で勤務。2016年11月から日本共産党高知県委員会に勤務。高知県労働者学習協議会事務局長、安保法制廃止の運動に取り組むデモクラティック・ビーツのメンバー。

家族は、妻と1女。趣味はカラオケ。

matsumoto2016

日本共産党高知県委員会は、衆議院選挙の高知1区に、党公認予定候補として、松本顕治氏を擁立することを発表しました。

高知1区は、安保法制=戦争法の強行と実施の先頭に立ってきた中谷元元防衛相が当選してきた選挙区です。これと正面から対決する立場から、必勝を目指してたたかいます。

総選挙では、先の参議院選挙や、新潟県知事選挙でも大きな力を発揮した「市民と野党の共闘」をさらに発展させるために日本共産党として力を尽くしていきます。

多くのみなさんのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

松本顕治氏の略歴

1984年1月9日生まれ、32歳。高知大学人文学部社会経済学科卒。2006年4月から有限会社ケンキョー(高知県教職員組合の自動車共済代理店)で勤務、2016年3月退職。現在は、日本共産党高知地区委員会に勤務。元民青同盟高知県委員会委員長。日本共産党高知県委員会県委員など。

家族は妻と1男。趣味はアクアリウム、バイク、キャンプ、演劇など。ニックネームはマツケン。

日本共産党は、改選3議席から6議席へ倍増し、野党共闘による統一候補も、前回から大幅増の11勝をあげるなど、多くのみなさんの力強いご支援をいただきたたかった歴史的な選挙戦となりました。

安倍政権による憲法改悪の動きに対して、反対の世論と国民の大きな運動をつくるために、日本共産党としても全力をつくす決意です。

今後とも、市民のみなさんとともに、安倍暴走政治にストップをかけ、希望ある未来をひらく政治をつくるために奮闘してまいります。

2016sanin

高知赤旗まつりに1500人参加

「元気が出た」、「力がわいた」――24日、高知市中央公園で開いた高知赤旗まつりは1500人が集まり、終日歓声が響きました。

IMG_0160

記念講演に立った日本共産党の小池晃・新書記局長は、「首相が、憲法より自分の方が偉いと思っている、これは独裁国家だ。絶対に許すわけにはいかない。安倍政権打倒、そのためには、野党が力を合わせるしかない。後世の人たちに、あのときのたたかいが私たちの命を守ったと言われるたたかいを。あそこに自由は土佐の山間よりとあるが、山原さんを国会に送った闘いを再び」と力を込めました。

 

IMG_0166   IMG_0100

高知徳島選挙区の野党統一予定候補の大西そう氏は「震災で奮闘されている自衛隊のみなさん、本当に頭が下がります。この自衛隊のみなさんを戦場に送ってはならない。国民を大切にしない経済政策ではだめだ」と力強く訴え。春名なおあきさんも「何としても国会に」と決意表明しました。

 

IMG_0233IMG_0038

午後からは、県内芸能人を中心にした出演陣が、多彩な文化プログラムを披露して、赤旗まつりを盛り上げました。

民青同盟高知県委員会と、日本共産党高知県委員会は、吉良よし子・日本共参院議員を招いて、高学費とブラックバイトの問題をテーマにした学習会を開きます。

給付制奨学金の創設や、学費の引き下げ、最低賃金の大幅アップなど、若者の生活を守る日本共産党の提言についてもお話しします。

どなたでも参加できます。ぜひ、ご参加ください。

20160529kira02

YAS_0279-YAS_0298-

2月28日(日)午後2時から、RKCホールで開いた演説会は、650席の会場に800人がつめかける盛況でロビーも人であふれました。

ママの会でも活躍している島崎りみさんが、子どもたちのためにも戦争はダメ、野党の共闘をと訴え。三ヶ尻亮子選挙区予定候補は、高知徳島の全自治体を回って感じた思いをこめて、選挙区も比例も勝利する先頭にたつと決意を表明、春名なおあき比例代表予定候補は、こんどこそ必ず議席をかちとると力強く決意表明しました。

市田忠義副委員長は、「お待たせしました、ついに中央段階で野党の選挙協力の合意ができました」と野党合意の内容と歴史的な意義を語り「参院選の対決軸は、戦争法を強行した立憲主義破壊の自公と補完勢力対、戦争法廃止し立憲主義を回復する市民野党連合です」と訴え。「私が書記局長をやった13年間は一度も選挙に勝てなかった。それでも歯を食いしばって頑張ってきた。しかしいまは頑張れば躍進できる。このとき共産党を強く大きくするためにぜひ力をかしてほしい」とよびかけました。

いろんな方から「野党共闘は涙が出ます。今の瀬戸際それしかない。それでこそ共産党。春名さんの演説すばらしかった」「頑張って安倍政権を倒さなければと!きちんとわかる演説でした。こんな時代が再びくるなんて」「とてもワクワクする情勢になりました。元気がでました」「参加者がすごく多くて驚きました。すごく心強く思えました。話もききやすくて…一緒にがんばっていきましょう(33女性)」「80歳過ぎた老女ですけれどすごく熱くなりました(初参加)」「市田さんの講演はよくわかる演説でした。盛り上がりのある催しでした」「明るい展望をありがとう」と積極的なコメントをいただきました。

いよいよ選挙です。高知地区は昨年の総選挙で3万票弱で野党第一党になりました。今度は4万票で自民党をこえることをめざしています。みなさんのご支援をよろしくお願いします。